Covid-19のせいで、税金とか国債とか

  • 2020.07.09 Thursday
  • 20:15

コロナ給付金をもらって大判振る舞いしている友人がいる。つぶれかけた飲食店が息を吹き返し、そこからまた使われて経済が回っていくならば良いだろう。しかし給付金だけでなく、観光業や飲食店への補償とか、コロナ失業した人たちの失業手当等を合計すると未曾有の金額になるだろう。そしてこのお金はいずれ我々庶民が、税金という形で取られることになる。自分の足をかじって喜んでいるタコは、本物のタコだ。

 

一方で経済的に疲弊して、税金さえ納められない人も増えるだろう。その分は返せるアテもない借金として積み重なるのか。ただしこの赤字国債は、いずれは返せるアテがあるのだと考えている人も多いが、その返す方法というのがあまりに恐ろしいので、私は知らぬふりを決め込むことにしている。どういう形であれ、誰かがどこかで割を食らうのだ。それが従業員数のしれた投資機関だけなら良いけれど、なけなしの老後の予備資産を投資に回した人たちが巻き込まれると目も当てられない。人はそれを自己責任というだろうが。

 

ハイパーインフレも怖いな。私がもらうはずの年金はどうなってしまうのだろう?ややこしい時代に老後を迎える運命だったのか。ただ漫然と年を取るのは危ないと思えてきた。もうしばらく頑張ろう。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM