『ニューシネマパラダイス』をみてきた

  • 2019.08.15 Thursday
  • 16:44

昔川崎チネチッタで二度ばかり見た記憶があるけど、札幌でもまたかかると聞いて、行ってきた。何度見ても良いね。一部は監督・トルナトーレの自伝になっているのだろう。フランスではマルセル・パニョールがやはり映画人的自伝を映画化していて、そちらも良かった。映画人というのは人生を振り返るのが上手いらしい。映画ファンの私もあやかりたいものだ。


ところでこの作品のオリジナル完全版は170分もあるのだが、私が映画館で見たのは120分ばかり。しかし、その短いバージョンのものが世界中の映画祭の大賞を総なめにしたのだ。私がAmazonで買ったDVDに収められた長い方は、イタリア本国でもさほど売れなかったという。どうしてなのか、今日観て、ちょっと考えてみた。


オリジナル版は50分も長いだけあって、一つ多く盛り込まれたエピソードが重く、主題が大きく違ったものになっている。120分のものは主人公と映写技師、その両者を結びつける映画そのものがテーマになっているが、オリジナル版は主人公の恋物語が重要なファクターとして付け加えられる。これ抜きには成り立たない映画なのだ。全く違う映画といっても良いだろう。さらにブリジット・フォッセーが出るか,出ないかの違いまであるのだ。これは大きい。


どちらが良いかは、見る人が決めるしかないけれど、私にはやはり短い方が良い。こちらの方がまとまりが良いというか、わかりやすいのだ。ごめんね、ブリジット。


それにしてもトルナトーレ作品は良いな。当たり外れがない。

コメント
コメントする