英語留学を始めました

  • 2019.09.21 Saturday
  • 01:13

ちょっと余裕が出てきたので、ここらで日記らしきものが書ける。

9月13日の金曜日に千歳ー成田ーイスタンブール経由で英国のとある地方都市へやってきて、英語の勉強を始めたのだ。3ヶ月の予定できて、最初の一週間が過ぎた。やはり年が年なので、きついわ。クラスメイトはほとんどが20代の若者。多分10代も若干名は混ざっているだろうな。



通学路にはこんなものもある。中世に作られた城らしいが、今でも街の真ん中にどんと居座っている。初めは自転車で通学しようとしていたのだけれど、景色があまりに良いのと、道路事情が少々恐ろしいこともあって、20分ほどかかるけれど徒歩通学にした。



初日の学校説明に引き続き、大先生が初見参の学生たちを連れて街の中を案内してくれた。

先生は昔埼玉県に一年ほど住んでいた物理学者で、ハヤブサとかの打ち上げ、回収計画にも関わったことがあるらしい。そのせいか日本にはひときわ思い入れが強いようで、ひっきりなしに話題を振ってくる。ちなみに彼によれば、日本のビールはキリンが最高であり、サッポロは二番手だそうだ。なぜか聞いてみたら、キリンビールは幕末に日本に住んでいたグラバーが製法をもたらしたからだというのだ。グラバーがスコットランド人であることは私も今回はじめて知ったのであった。


そんなこんなで、私の学生生活がまた始まった。若い衆に混ざっての奮闘がいつまで続くか、いささか心もとない面もあるのだが、一応やり遂げる心意気だけは持っている。




コメント
コメントする