日本では消費税が上がったみたいですね

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 01:19

10月1日からですか。私も12月の半ばには帰国しますから、最初はちょっと感が狂うかも。8%が10%になったところで大した違いはないかもしれませんが。


英国の消費税の導入は他の欧州諸国と同様で、70年代だったはずです。しかも最初から10%程度はとっていたのではないかな。そしてそれが今では20%。それでもみなさんが黙々と取られるままになっている理由は、一つには食料品とか不動産、書籍、教育費などの非課税、軽減税率適用の範囲が広いこと、もう一つは見返りがちゃんとしているからだろうと思う。例えば医療費は原則として、税金どころか最初から一切無料。大学の学費だってあることはあるけど、実際には皆が奨学金をもらって、就職して一定の給与水準になるまでは返済の義務もない。育英会とは雲泥の差です。


やはりBHN (Basic Human Needs)である食料品、医療費、教育、居住用負動産が非課税というのは、福祉国家としての矜持が保たれている証だね。もちろん食料品といっても、フォワグラの缶詰とかは高額な税が課されるし、不動産だって豪勢な別荘はドドンと課税されるはず。そういう仕組みだから、庶民も反対はしない。つましく暮らしている分には、消費税とは無縁だから。


日本の消費税は天網恢々。逃げようがない。どうせややこしく税率を細かく分けるならば、英国方式にしてほしいものですね。

コメント
コメントする