スコットランド国立美術館に行ってきた

  • 2019.10.05 Saturday
  • 02:11


立派な建物です。これが本館で、裏の別館も大したものです。

例によって入館無料ですが、また昼時に行ったので、ランチをいただきます。

今回はスモークサーモンと、野菜とチーズと・・・なんだかが挟まった大きなサンドウィッチ、そしてまた大きなカップのカフェラテ。

何もかも大作りなので、昼ごはんはこれで十分なくらいです。しかも美味いです。イギリス料理といえば欧州中でばかにされるようですが、実のところ、こういったサンドウィッチはハズレがありません。どれを食べても美味しいです。まずはパンが美味しいし、チーズも種類が豊富で、飽きません。



美術館のコレクションは立派なものばかりです。ルネサンス以前のものから始まり、どういうわけか、ラファエロの作品が多くかけられていました。それと、寸法の大きなものがたくさんありました。




どこかで見たような絵があるなーと思ったら、フェルメールの有名な一枚でした。これって、スコットランドにあったのですね。随分と大きな絵だということがあらためてわかりました。



他にめぼしいものとして、レンブラントとかが目立ちましたね。まぁ私はあまり絵に詳しい方じゃないですから、もっと凄いのがいっぱいあったのかもしれないけど、訳がわからず見落としている可能性が高いです。


コメント
コメントする