やはりうまいですね、南アは

  • 2019.10.20 Sunday
  • 22:22

やはり底力の差と言っても良いだろうな。

まずは力で押せ。押しまくったらあとはスピードでとどめを刺せ、というシナリオがあったのでしょう。

 

前の大会で日本が勝てたのは、ノーマークだったからということもあるはず。しかしあれ以来たしかに力をつけた日本は、しっかりと研究されていたのでしょう。そういった学習能力も実力のうちですから、もともと力のあるチームにそれをやられると、こんな結果になるのですな。

 


今回はあのパブに来ていた客は前回の半分もいなかったようです。もちろんテレビ局もいません。いずれにせよ観客の99%はスコットランド在住の南ア人。エジンバラにも日本人は二百人くらい住んでいると言われますが、この寒いのに屋外のスクリーンの前に 集まる人は少ないでしょう。

 

写真は結構撮ったのに、間違って消してしまったものがたくさんあります。

特に、すぐそばに立っていたドレッドヘアの黒人の写真が無くなったのが残念。

彼はもちろん南アの人で、先制点で大喜びしていました。その後南アの得点チャンスに失敗した時、目が合ったので、私は思わずにやりとして目の前で親指を下に向けたら、向こうもヘラヘラしながら「うるさいな、この野郎」という顔で歯をむき出しにしてきた。

そのうち日本が一方的にやられてしまい、私が俯いていると、いつのまにか彼はいなくなっていました。勝負あったとみて、さっさと帰ったのでしょう。寒かったしね。

 

ゲームセットの後、ちゃんと皆様とおめでとうの握手をしたかったけど、何せ敵は百人単位でしたからいちいちそれもできず、皆に向かって手をあげ、一礼して店をあとにしました。南アサポーターも手を振って見送ってくれました。はぁ、残念だったな。

コメント
コメントする