原作と映像作品の違いについて

  • 2020.09.15 Tuesday
  • 19:39

JUGEMテーマ:日記+情報


子どもの頃TVで見ていたターザンはジャングルの他の動物たちと争うということが珍しかった。ライオンや豹あたりと戦うことはあったが、それは相手を殺すことなど目的とはしていなかった。人間も含めて他の弱い動物を守るためとか、そういう大義があったのだ。原作者のエドガー・ライス・バロウズはそのように映像化された作品を見て大変悲しんだそうだ。ターザンは本来、森の殺し屋だった。獲物を巡って他の肉食獣達と、身体を張って渡り合っていたのだ。


同様のことが林不忘の『丹下左膳』に出てくる柳生源三郎にも、水木しげる原作の『墓場鬼太郎』にも当てはまる。
柳生源三郎は冷酷な殺しの哲学を持つ剣豪であり、決して大川橋蔵が演じるべきさわやかな好青年ではなかった。鬼太郎もまた、しばしば一般人を欺したり殺したりの、悪党の側面を持っていて、後世に愛されるような単純な正義漢とはほど遠かった。

 

一体どうしてこのような倒錯が起きるのだろう。なぜターザンは密林の守護神になり、柳生源三郎は桃太郎侍になり、墓場鬼太郎は名探偵コナンになりはてたか。


理由は明らかだ。やはり映像化されるときには大衆に、特に『女・子供』に愛される必要があるのだ。癖のある悪党は、ひねた親父には好かれても、それ以外にはアピールしない。そして原作は深みと陰影に満ちた味わいを失い、浅薄な娯楽作品へと堕落する。

考えてみるとそれは原作者自身にも責任を課すことができる。誰にどう頼まれ、欺されたにせよ、彼ら自身がこの堕落を率先していた。
『類猿人ターザン』を著し絶賛されたバロウズはその後、映画と大差ないような娯楽的続編を書き続け、晩節を汚した。
『丹下左膳』の林不忘もまた映画をなぞるように変節を繰り返し、『墓場鬼太郎』を描いた水木しげるは自ら『ゲゲゲの鬼太郎』を幽界から呼び寄せた。


この商業主義を必ずしも非難はできないが、これらのダークヒーロー達がどのように最初のファンを獲得したのか、若い愛好家達に是非知っていただきたいと思うのだ。

小川洋子の『密やかな結晶』を読んでみた。

  • 2020.09.09 Wednesday
  • 18:42

実は彼女の小説はこれが初めてだった。国内では主だった文学賞を総なめして、海外でも評価が高い人だとは聞くけれど、映画化されたものを一つ見ただけで、少し苦手感があり、距離を置いていた。
今回これを読んでみて、苦手意識がさらに強まってしまった。ネットでレビューを読んでみたら、高評価をつけている人が多い。なぜ私は皆と同様にあれを面白いと思えないのだろう。


皆様はあのわけの分からない何かが、何かのメタファーだと理解されているのだろうけれど、それってなに?
人はなぜ、次々と何かを失い、それにまつわる記憶をなくし、それでも唯々諾々と権力者に従い続けるのか。いや、そもそも権力者など出てこない。しかしそれらしきものの走狗となっている者は大勢いるらしい。その辺はM.エンデの『モモ』のようだけれど、あれと違ってこれはハッピーエンドではない。しかし不幸でもないらしい。人々の記憶には、すでに幸福も不幸もないのだろう。一切は淡々と過ぎてゆく。
一方でなぜ、記憶をなくさずに生きていける人たちもいるのだろうか。主人公が住んでいる島の外には何があるのだろうか?ほぼ全てのメタファーが理解できなかった。私はそれほど鈍かったのか。
このままでは悲しいので、この人の小説はあと一つか二つは試してみよう。なにが良いかな?

 

JUGEMテーマ:日記+情報

あすなひろし という漫画家

  • 2020.09.01 Tuesday
  • 18:25

 

先日、松本零士の代表作の話をしたけれど、私は漫画をあまり読まないようで、作家によってはしっかり読んでいるのだ。持っている単行本の多さでは、松本零士と諸星大二郎がツートップだったのだが、実家の地下室に保管していたら、あるとき故郷を開闢以来の大洪水が襲い、殆どの蔵書がお釈迦になってしまった。とても悲しい。

 

一方で、好きな割に本を持っていなかったのが【あすなひろし】だった。そもそもあまり単行本が出ていないのだ。しかもその多くは早い時期に絶版になっている。この人は少女漫画家として出発しながらも少年誌、青年誌にも良い作品を残している。晩年は漫画以外の仕事をすることが多かったようで、寡作になってしまい、大変残念な状態であった。

 

2001年の春、私の誕生日に彼は他界なさった。しかしそのすぐ後に、『あすなひろし作品選集』が刊行されることになった。あの天才漫画家の作品が復刻されるとは嬉しい。しかもB5版の大きさだ。
現状で15巻出版されているものは全て揃えた。これからも増えることを楽しみにしている。

 

JUGEMテーマ:日記+情報

 

道後温泉へ行ってきた

  • 2020.08.29 Saturday
  • 09:42

久々に旅行に出た。道後温泉を人から勧められてネットで予約したら、奥道後の温泉だった。この二つはずいぶんと違うらしい。ただし、失敗したとは思わなかった。渓谷にある静かな、とても良い温泉だったから。ホテルの従業員も素晴らしかった。『壱湯の守』という所。空港でレンタカーを借りて,そこから30分ほどだったろうか。

 

初日は何もせず,ただバイキングの夕食を食べて露天風呂でのんびり。

二日目は朝から友人お勧めの伊丹十三記念館へ。ここもなかなか良かった。平日の朝9時から行くと,客は他に誰もいない。一人で心ゆくまで展示物を眺めた。あらためてすごい人だと感心した。絵が上手い、音楽も達者、語学も、演技も、文才も・・。そして映画監督としても立派な作品を,短時間で多く残した。

 

昼からは松山城へ。珍しく天守閣まで上ってみたら、松本城との広さの違いに驚いた。取り立てて大きな城というわけでもないだろうに、最上階がこれほど広いとは。じゃ、大阪城や江戸城はたまげるような広さだったのかな?

 

珍しいものを見るのはこれくらいで、後は特にない。

焼き物は砥部焼というのを探してみた。綺麗なおちょこ、ぐい呑み、一輪挿しを一つずつ買ってきた。昨年は能登半島で九谷焼と輪島塗の酒器を見つけて嬉しかった。私の旅の楽しみには、一つにはこれがあるのだ。

 

JUGEMテーマ:日記+情報

男おいどん

  • 2020.08.19 Wednesday
  • 17:39

『男おいどん』という漫画をご存じの方は多い だろう。松本零士の少年誌における大出世作。こ れ以前に青年誌で『大四畳半 大物語』という 少々エッチな漫画をこそこそと描いていたら、 それの少年向けをやりましょうと持ちかけられ、 少年マガジンで連載を始めてみると本人史上、 空前の大ヒットになったのだ。私は中学生の頃 これをリアルタイムで読んでいたファンだった。 何年か前、高校生が私の蔵書を読んで面白がっ ていた。今時あのような下宿はないし、ラーメン 一杯が百数十円という物価水準も新鮮で面白か ったようだ。

 

本作品は作者の青春の自叙伝でもあったらしい。 同時期に赤貧を共にした石森章太郎達があの漫 画を読んで、「全くあんな生活だったよ。違うの は、貧乏なくせに立派なステレオセットだけは 持っていた点だ」と証言している。片田舎の中学生だった私にも、東京の貧乏学生 の暮らしぶりが垣間見えて、面白がったものだ。

さらに興味深かったのは、基本的にギャグ漫画 なのに、時折主人公が見せるやるせない寂寥感 だった。不遇時代の松本清張が、「砂を噛むよう な」と言い表した孤独と貧困にうちひしがれる 感情に通じるものがあるだろう。図らずも同じ 松本姓のこの二人が、その若い日々に同様の思 いにさいなまれていたのだろうか。ちなみにこ の二人、同じ九州出身だな・・・と思ったら、そ れらの共通点を持った友人が一人いたことを思 い出した。

 

JUGEMテーマ:日記+情報

株式市場がヤバいのではなかろうか

  • 2020.08.18 Tuesday
  • 17:39

私はますます現在の株価には懐疑的になってき た。コロナショック前の水準に戻りつつあるよ うだが、実体経済がどうなっているか考えてみ るべきだろう。楽観できる状況だとは思えない。

パンデミックは終息からほど遠い状況にある。 たがが緩んだ政府のばらまきもすごい。MMT の 最終実験のつもりではあるまいか。


日銀 ETF 買いの弊害は、第一に不自然な株価形成であると言われるが、もっと大きな問題を引き起こすらしい。それは株式市場での新陳代謝の阻害だ。本来は寿命が尽きて退場すべき企業が、株式、社債の買い支えにより生きながらえることが問題になるのだ。特にこのコロナショックのせいで、年間 6 兆円を上限としていたもの が、12 兆円まで増額され、もはや日本の株価に適正価格が見えなくなっているのが実情ではないだろうか。OECD 諸国でこんなことをしてい るのは日本だけらしい。

 

近々私は日本の株式市場から退場を考えている。 とはいえ海外のものはさらに勉強不足なので、 現金化したらメープルリーフ金貨でも買おうか、 などと思いつつある。

 

JUGEMテーマ:日記+情報

米津玄師はたいしたものだと思う

  • 2020.08.15 Saturday
  • 16:48

嵐のベストアルバムがギネスブックに載るほど馬鹿売れしたと聞いたけれど、いったい誰が買うのだろう?不思議だな。異論があるわけじゃないが、私の周囲では誰も買っていそうにない。もちろん、私は老人ホームで暮らしているのではない。身近なところに10代から90代まで、様々な人達がいる。

 

それよりも米津玄師の方がずっと売れていそうに思える。私のiPhoneには彼の曲が5つくらい入っているのに、嵐のは一つも無い。ちなみに椎名林檎は2曲、JuJuはもっと多い。村田英雄とかマイルス・デイビスも入っているというと、『あんた、大丈夫か?』と心配されたりする・・・。それはどうでも良くて、米津玄師の話をしたかったのだ。

 

昔からユーミンの詞が素晴らしいと思っていた。椎名林檎もたいしたものだ。しかし、日本の男性ミュージシャンの歌詞は弱い。谷村新司なんてのは論外で、小田和正、久保田利伸も駄目。山下達郎は意味不明の詞が多い。かろうじて桑田佳祐が合格点である。

※もちろん全くの私見を語っているのであり、異論は受け付けません。

 

で、ここへ来て米津玄師の歌詞が素晴らしいと感じている。もちろん佐藤惣之助や星野哲朗などとは違うタイプの良さなのだけれど。あまり細かい話になりそうなので、以下省略する。

とにかくこの人の言葉はみずみずしくて大好きだ。もちろん曲も良い。彼はきっと天才だ。

 

JUGEMテーマ:No Music, No Life

香港の女神

  • 2020.08.13 Thursday
  • 19:00

香港で逮捕された周庭さんの日本語が流暢なので驚いた。特に学校に通ったわけでもなく、独学であそこまで話せるようになるってのは不思議だな。昔、韓国でやはり日本語の上手な人に多く会ったけど、そもそも韓国語は、日本語とルーツが同じなので、よく似ているから学習しやすい。さらに今時はネットで日本のドラマが見放題なので、自然に覚えるのだと言っていた。香港でもそうなのだろうか。私は『チャングムの誓い』を字幕で見ていても、さっぱり話せるようにはならなかったけど。


周庭さんは、このままだと実刑判決を受けて懲役の可能性も高いらしい。そうなる前に日本に逃亡しちゃどうだろう。自動車会社の社長の前例があるけれど、彼のように非難されるとは思えない。誰か手引きできないものだろうか。


警察では『不協和音』の歌詞が思い浮かんだと言っていたな。まさか、「僕はいやだ。言いなりにはならないぞ、殺せ」と言うわけでもあるまい。さっさとSlow boat to Japanにでも乗って逃げ出した方が良いね。あの語学力ならば、こちらで暮らしていけるだろう。

 

JUGEMテーマ:日記+情報

フランス映画の大データベース

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 19:28

ここしばらく映画館に行かなくなった。家でネット配信の映画をみることが増えたのは、こういう事情では当然のことか。しかしいつか見てやろうと思って録画して貯め込んだDVDが自宅にたくさんあるのだ。


私は昔習った仏語を忘れないようにするため、仏映画の吹き替え無し・字幕入りを100本以上も録画してある。戦前の名作から、最近のハリウッド映画の焼き直しまで、様々だ。特にヌーヴェルヴァーグとか、アラン・ドロン、ジャン・ギャバン、ブリジット・バルドーなどが出ている名画は、めぼしいところが揃っている。まだ見ていないのもたくさんあるので、暇はつぶせる。しかも勉強になる。
そろそろデータベースを完成させようか。たまにダブって録画することがあるので、それが必要かと思いつつある。


『どん底』、『外人部隊』、『大いなる幻影』、『パリの屋根の下』、『素直な悪女』、『サムライ』、『死刑台のエレベーター』、『勝手にしやがれ』・・・こんなのが100本も揃っていれば、ちょっとした財産だと思ったが、今時はネット配信でどうにでもなるのか。あっしはやはり、古いやつなんでしょうね。

 

映画監督 デビッド・リーン

  • 2020.08.10 Monday
  • 13:49

この監督の名前は、その偉業ほどには知られていないと思う。ちょっと古いし、英国人なのでハリウッドで人気作品を作ったわけでも無い。しかし、作品名を言えば、あぁ、アレか!とすぐにわかる人が多い。例えば、

  • 戦場にかける橋
  • アラビアのロレンス
  • ドクトル・ジバゴ
  • ライアンの娘

どれも映画史上の古典となり、名作の誉高い大作ばかり。これが全て同じ監督の作品だと聞くと驚く人も多い。それがデビッド・リーンだ。

 

つい最近、『アラビアのロレンス』の4kレストア版というのをみた。残念ながら映画館ではなくて自宅のテレビだったが、それでもよかった。モーリス•ジャールの音楽に、アレック・ギネス、オマー・シャリフなど、いつものメンバーで織りなされた大作中の大作だ。しかし以前見た時よりも結末が悲しい。昔は何か見落としていたようだ。4時間を超える長編なので、途中で寝ていた時間もあるのかも知れない。

私が見落としていたことをに気づいた、重要なポイントは例えばこうだ。最初に主人公の葬儀の参列者の一人として出てきた英国軍人が、本編の終わり近くでアラブ人に扮装した主人公に平手打ちを食らわせ、最後にはその相手とは知らずに握手を求めて駆け寄って来る。この3人が同一人物であることを知れば、物語の理解が変わってくる。とても大きなエピソードだ。

さらに主人公が自らを殺人狂だと意識する瞬間が幾度も出てくることにも気づいた。最後に退役勧告をあっさりと受け入れるのは、それゆえもあるだろう。

他にも見落としたエピソードが他にもたくさんあるかも知れない。この名作が奥深い、というよりは、私のボンクラぶりが露呈しただけみたいだが。

 

デビッド・リーンは一時岸恵子に惚れ込み、主演女優として使いたがったと言う。残念ながら実現しなかったが、撮られていれば是非見たかったものだ。

 

JUGEMテーマ:日記+情報