Covit19がもたらすもの

  • 2020.05.07 Thursday
  • 18:54

この数ヶ月で起きた社会の変化は、劇的なものだった。そして騒ぎが収まった後にも完全に元に戻ることはないだろう。

 

かつて私が勤めた会社の部署では、月に一回の定例会議のために、札幌、大阪、福岡の各地から部員が首都圏の本社に集結していた。特に作業があるわけでもなく、ただの報告会だ。その費用が大きな金額になるのは間違いないのに、経費節減をうたう会社はなぜか、この出費を削ろうとはしなかった。しかし事態は変わった。このような出張はもうあり得ない。エピデミックが収まったとしても、それは元に戻らないと思われる。この程度のことはテレビ会議で代用されることになるだろう。

それですむならば、すませる。当たり前のことが行われるようになるのだ。

 

そのような出張だけでなく、通勤もまた漸減するだろう。結果的に都心のオフィスが減り、通勤圏内の住宅地の需要が減る。経済活動の変化は教育産業にも波及し、当然、公共交通機関も空くようになる。日本にとっては総じて、明治維新か第二次大戦を経たほどの変化が起きるのではないだろうか。そこへかねてより噂されていたシンギュラリティがやってくる。この社会構造の急激な変化のために、到達の時期は少々早まるのではないかと予測する。それはジャーナリストたちが喧伝していたほど極端な形ではなくとも、近似の変化にはなるだろう。

我々が直面するのはエピデミックだけでなく、それによって促進される、社会の大きな変化でもあるだろう。

再就職することになった

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 10:27

昨年末に帰国してから、大変忙しい思いをしたのだけれど、それが一段落してから就職活動をしてみた。

特に生活に困るわけでもないので、あまり焦りはしなかったが、いったん始めて見るとなかなか難しいことが分かった。やはり年齢が年齢だけに、敬遠されるのだろうか。経歴が立派すぎる、などという美しい言い訳も聞かされることもしばしばあった。

 

それでも必要としてくれるところがあって、なんとなく決めてきた。バスで10分、徒歩でも20分程度のところで、運動のためになるべく徒歩通勤しようと思っている。明日が最初の出勤日だ。

 

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

近しい人が次々死ぬよ

  • 2020.01.28 Tuesday
  • 16:51

今年に入って、父親が死んだ。正月三日だった。

末期の肺がんでもう長くはないと昨年から言われていたけど、誰の予想よりも早かった。

 

そして月末に近づいて、高校からの友人が急死。

特に親しくしていた男だっただけに、ちょっとショック。

 

さよならだけが人生か。

ちょっと弱気になる今日この頃。

崎陽軒のシュウマイがうまい

  • 2019.12.06 Friday
  • 02:36

日本を出る直前、9月初めに友人K君からもらった崎陽軒のシュウマイ。
こちらでの非常食とするべく持ってきたのだが特に非常事態もなく、エジンバラ 滞在も残すところあと5日となって、そろそろ食べても良いかな?というわけで、半分だけ夕食のおかずにすることにした。
もちろんご飯をちょっともって、日本酒も軽くいっぱい飲みながら。
ちゃんと粉辛子もついているので、ありがたいな。

 

シュウマイがこれほどうまいと思ったのは初めてかも。

 

 

 

あと1週間で帰国するので・・・

  • 2019.12.05 Thursday
  • 05:48

こちらでしか食べられないものを、食べおさめしなくてはいけないと思い、ハギスとフィッシュ&チップスを集中的に食べています。

考えてみると、フィッシュ&チップス、オートミールなどは日本でもどうにでもなります。すると、やはりハギスか。

そう思って、先日もスカイ島の二泊旅行の間に4度も食べました。

 

ちゃんとしたレストランで食べると、ハギスだってバカにならない値段です。しかし、たしかに美味しいですね。

一つの典型として、マッシュポテトと一緒に、マッシュターニップ(カブ)が添えられることが多いのに気づきました。

カブはなぜかオレンジ色をしています。人参でも混ぜられているのでしょうかね。さもなくばポテトと区別がつかないとか。

 


もう一つの特徴として、やたらと胡椒が効いていること。ハギスだけ食べているとヒリヒリするほどです。

この場合、コンデンスミルクにナッツでもまぶしたような、甘ったるいソースが良いようですが、これは店によって様々ですね。

 

スカイ島のホテルの朝食では、ブラックプディングと一緒に出てきました。豆の煮込みとかソーセージとか、色々付け合わせがあって美味しかったな。

 

 

最後にコンビニで買ってきたやつは、やはりポテトとカブがマッシュされたやつが一緒になったもの。

これは250円程度で買えるし、900wの電子レンジで3分半という手軽さがありがたいですね。

しかしあまり胡椒が効いていない。ヒリヒリ感もほどほどです。

 

 

ハギスはいかが?

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 02:52

ハギスの缶詰は英国のコンビニで2ポンドもしない。250円くらいだろうか。これ一つあれば日本人ならば三人前くらいありそう。

マッシュドポテトとサラダを添えて、赤ワインでいただく。つうはアイラモルトを合わせるらしいが。

 


いつもランチに食べているサンドイッチも、たまにハギス入りを選んでみる。これがまた美味い。

 

しかしやはりちゃんとしたやつを食べたいと思って、週末に地元料理を出すレストランへ行き、これをアントレにしたコースを注文してみた。

バニラをふんだんに使った生クリームソースが、香辛料の効いたハギスに絶妙に合う。一緒に食べた甘辛いクッキーも良かった。


 


最後にフィッシャーマン・パイを食べて帰ってきた。なかなか良い店だったなー。

 


カールトンヒルにて

  • 2019.11.25 Monday
  • 03:17

エジンバラ市内にはいくつもの名所があり、そのうちの一つ、カールトン・ヒルというやつに登ってきた。

寮から歩いて30分ほどかかる。ギリシャの神殿のような柱が立っているけれど、何のために作られたかとか、全然知らずに行ったし、いわれが書いてあるらしいタテカンを見たけど、英語がビッチリで読む気もせず(いや、それじゃまずいだろ。英語の勉強に来ているのだから)、結局1時間ほどぶらぶらして終わった。

 


行って早々に「ネルソン記念塔」の前に立った。トラファルガーの戦いの資料展示でもしてあるのかと思い入った途端、料金を払うゲートが目の前にあり、管理人が、6ポンドです、とかいうので、スルッと払ってしまい、奥の方へ。



奥に展示室があるかと思ったのだが、この塔に登る狭い螺旋階段があるのみ。これが細いわ、急だわ、高いわ。もとより高いところの苦手な私は、登っているだけで足の裏がムズムズし始めた。時折窓から見える外の景色のエグいこと。



やっとこさ登りきり、回廊へ出たら、足がすくむ景色。しかし6ポンドの元をとらねばと思い、回廊を無理やり一周して、所々で写真まで撮った。ああいうものを作る人は、本当に悪趣味だと思う。

 


降りてから広い丘の上を一周して回った。足の裏のムズムズが取れないままで、足取りがおぼつかない。雨こそ降っていないが曇りの上にモヤがかかって、景色もイマイチだ。土産物屋に入ったら、なぜか日本製の手帳だとか弁当箱だとかが売られていて、面食らったが、イギリス製らしきキャンプ用3徳ナイフがあったので、買った。これはちょうど欲しかったし、うれしかったね。



メドウズパークにて

  • 2019.11.17 Sunday
  • 01:52

週末はこの先なるべく出かけずに勉強しようかと思っているけれど、やはり寮の部屋にこもってばかりではつまらない。たまに息抜きがしたい。

寒いけれど、しっかりと着込んで、自転車でポタリングでもしたくなる。

 

 

11月も中旬になると、外気温は最低が0度近辺で、最高でも7度くらいにしか上がらなくなってきた。雨は毎日のように軽く降っているけれど、これが雪に変わるのも時間の問題らしい。

 

すっかり葉を落とした樹木が寒さを際立たせている。

晴れたり曇ったりの空を見上げたら、木の葉が一枚通り過ぎた。

 

G. オーウェルの随筆で読んだのだけれど、

  • 2019.11.16 Saturday
  • 02:45

彼は英国風ガストロノミーを擁護するのだ。もちろん愛国者としてだろう。ただし本当に英国料理がどれをとっても美味しいとは書いていない。モノによっては他の国に負けないという趣旨で書いていた。

その一つにサンドイッチがあったと記憶する。仮に彼がそう言わなかったとしても、私が言う。

 

この国のサンドイッチは美味い。

 

月曜から木曜までの昼は Pret a manger というサンドイッチのチェーン店で買ったものを食べている。一食で500円ほどするので、決して安くないが、毎日具材の違ったものを食べていると、飽きないし、どれも美味いのだ。

 

 

 

金曜日の昼は学校の自習室に残らず、街の散策に出かけるようにしている。しばしば美術館のカフェテリアで時間を過ごすのだが、今日は小洒落たパブ・レストランに入ってみた。一階がパブ、二階が軽食中心のレストランだ。その二階で食べたのは白身魚のフライのサンドイッチ、そしてペールエール、そして最後に大好きなスコッチ、バルヴェニー・ダブルウッドの一杯だった。

 

 

 

これで £ 12.85 というのは安いと思う。だって、サインドイッチは抜群に美味いし、ペールエールも、スコッチも最高。

たまにこういうお楽しみができるからこそ、風呂桶もない学生寮で、二ヶ月以上も頑張ってこれたのだ。

私はそれなりに幸せだ。

戦後日本の国民食か

  • 2019.11.15 Friday
  • 05:04

もう三十年も前だけれど、はじめてサラリーマンになった頃、当時50歳以上の大先輩達の多くが、「僕はカレーライスが大好きだ」と言っていたのを思い出す。年齢からすると、メザシ,納豆、卵焼き、タクアンの世代だろうと思うのだが、意外とそうでもなかった。

進駐軍のジープを追いかけて、「ギブミーチョコレート」と言っていた世代の人達なのかもしれない。西洋風への憧れが強かったのか。朝・昼・晩、三食ともカレーライスで構わないなんて人にたくさん会った。

ま、そんなことはいいけど、私もこれは大好きよ。進駐軍のジープは知らないけどね。

 

日本にもたらされたカレーライスというのは、本家の南アジアのものとは違う、英国風のものだったのだ。だからこそ、今の英国人もこれにはなじみがあるのだ。私が作るカレーは、彼らにとっても家庭の味ではないだろうか。

 



ちなみに私はあまりジャガ芋を使わない。たまに入れるけど、それは家族のリクエストがある時だけだ。一人で食べるならば滅多に入れない。

これは実に良いものだ。ふっくらした短粒米に合う、英国風・和風のカレーができた。

ちなみに私は、できあがり間際にウスターソースを垂らしてみる。これが良い隠し味になる。